太りたい女性こそプロテインを飲んだ方が良いの?!

プロテイン ダイエット

こんにちは(^^)

今回の記事のテーマは私とは無縁のお話になってしまいますが(笑)

世の中には、痩せたい!と思っている女性が多い中、太りたい!体重を増やしたい!と思っている女性もいらっしゃいます。

人それぞれ内容は違えど、悩みはあります。

今回の記事では、体重を増やしたい方にとってのプロテインの活用方法について書いていきたいと思います。

一見、体重を落としたい方には関係ない記事かもしれませんが、「このような飲み方をしたら体重が増えるんだ!」と参考にして頂ければ幸いです。

消費カロリーよりも摂取カロリーが上回る飲み方をしている

ヨーグルト

プロテインに関わらず、どのような食べ物でもそうですが、消費カロリーよりも、摂取カロリーが上回ってしまうと体重は増えてしまいます。

消費カロリーとは、日常生活で使われるカロリーです。

例えば、運動をした時に使われるカロリーも消費カロリーですし、勉強をしている時に使うカロリーも消費カロリーです。

身体を動かしたりする時のみカロリーが消費すると思う方もいらっしゃいますが、身体を動かさなくとも、脳を使った時もカロリーは消費されます。

また、摂取カロリーというのは、摂取するカロリーという言葉の通り、食べ物から摂り入れるカロリーのことを指します。

余分に摂取したカロリーは最終的に脂肪として体内に蓄えられてしまうので、体重が増えてしまう方は、消費カロリーより摂取カロリーが上回ってしまっていることが原因です。

つまり、日常生活の中で消費しているカロリーよりも、食べたものから得ている摂取カロリーの方が多いと太るということです。

結果的に痩せるためには、消費カロリー>摂取カロリーの状態にすることが必要です。

摂取カロリーよりも消費カロリーを増やすためには、運動量を増やして、食事量を抑える。

もしくは、あまり動かなかった日は食べ過ぎに注意すれば太りません。

単純な話に思えますが、この単純なことが難しかったりしますよね(笑)

食事制限をせず、普段の食事にプロテインを足している

ホエイプロテイン

プロテインをダイエット目的として飲む場合は、食事に置き換えてプロテインを飲む必要があります。

プロテイン自体は低カロリーですが、プロテインを飲めば痩せるから普段の食事にプラスして飲もう!という考え方では体重を落とすことは難しいでしょう。

また、筋肉をつけるために、意識してたんぱく質を摂取している方がさらにプロテインを飲むと、逆にたんぱく質を過剰摂取してしまうことになります。

プロテインのパッケージに必ずたんぱく質含有量が記載されているので、プロテインに含まれているたんぱく質含有量をチェックしてから、食事のメニューを決めるとたんぱく質の過剰摂取を防ぐことが出来ますね(^^)

まとめ

ホエイプロテイン

いかがでしたでしょうか?

プロテインを飲んだだけで太る!ということもありませんし、逆にプロテインを飲んだだけで痩せる!ということもありません。

まずは、普段の自分のおおよその消費カロリーと、摂取カロリーを知ることが大切です。

また、ダイエット目的でプロテインを飲む場合、普段の食事にプラスしてプロテインを飲むのではなく、朝食の代わりに飲むなど、食事に置き換えてプロテインを摂取しましょう。

プロテインは、低カロリーなのにたんぱく質を多く含んでいるため、満腹感を得やすいためダイエットに最適なお供であるといえるでしょう。

しかし、間違った飲み方をしてしまうと、かえってダイエット失敗に繋がる危険性もあるので正しい知識をもってダイエットを成功させましょう(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました